現在地周辺

TOP

メニュー

検索

脱毛で起こるトラブルとは

脱毛で起こるトラブルとは

あなたはどのような方法でムダ毛を処理していますか?サロンに通ったり、自分でかみそりやシェーバーで剃ったりと処理方法にはいくつかの種類があります。しかしどの方法で処理をした場合にも、起きてしまいがちなトラブルというものがあります。せっかくきれいになるために処理をしているのに痛みや辛さが出てしまっては、がっかりしてしまいますよね。どのようなことが起きてしまうのか、知っておくことで避けることが出来ることもありますのでぜひ確認してみてください。

自分で処理をした際に起こりがちなトラブル

かみそりや家庭用脱毛器を使用して自分でムダ毛を処理する方法は、自宅で手軽に出来ることから行っている人も非常に多いです。ですがこれらの方法は肌へのダメージが非常に大きいものです。赤みが出てしまったり、炎症が起こってしまうことも良くあります。また肌にダメージが加わることによって皮膚のターンオーバーのサイクルやヘアサイクルが乱れてしまうことによって、毛が皮膚の外ではなく中で育っていってしまうことがあります。これを埋没毛と呼び、自分でムダ毛の処理をした際によく見られる症状です。

サロンや医療機関で脱毛した際に起こりがちなトラブル

サロンや医療機関でムダ毛の処理をすることは、効果も非常に高くプロに全てを任せることが出来るのでとても人気があります。近年では非常に多くのサロンがあり、価格も安くなってきているので利用している人も増加してきています。しかしプロにお願いして処理してもらっていても、トラブルが起きてしまうことはあります。よく見られるのが、赤みや腫れが出るというものです。レーザーやニードルを使用して処理をする際には、毛根にダメージを与えてムダ毛をし除去していきますので毛穴の部分やその周辺の皮膚が赤くなって腫れてしまうことがあります。またレーザーやフラッシュの光を当てる際に照射する力が強すぎることによってやけどをしてしまうということもあります。適切な強さの光をあてていたとしても、その日の肌の状態やもともとの肌質などによってはやけどをしてしまうこともあります。また冷却が充分でなかった際や、塗ったジェルにムラがあった際などにもやけどの危険性があります。その他にも施術箇所の皮膚が硬くなってしまう、乾燥してしまう、色素沈着をしてしまう、シミが出来てしまう、感覚が鈍くなるといったような症状が出ることもあります。

トラブルを回避するためには?

自分で脱毛をする場合には、処理をした後にきちんと肌のダメージケアしてあげることがとても重要です。保湿クリームを使用して乾燥をしないようにしてあげることや、熱を持ってしまっている場合には冷却してあげるようにしましょう。またサロンや医療機関で脱毛をする場合には、安いだけのところを選ばないことやカウンセリングをしっかりと行うことが重要です。脱毛を行ってくれるところというのはとても多くなっていて、その中には残念ながらあまり技術が無いところや適切な施術を出来ていないところというのもあります。もちろん価格が全てではありませんが、一つの指標としてあまりにも安いところは避けておく方が安心です。また施術の際に使用するものについての確認や、自分の肌質などについてしっかり問診等を実施してから施術を行うというのもお店を選ぶポイントとしてとても重要なことです。

ムダ毛を処理するために脱毛をすることは、もはやきれいになるためには欠かせないことになってきています。処理をする方法は色々とありますが、どの方法を利用した際にもトラブルがおきてしまうことがあります。しかし起こりうるトラブルの内容や対処法をしっかりと知っておけば、回避することが可能です。自分で行う場合には処理後のケアをしっかりと行うことで防ぐことができ、サロンに行って行う際には事前のカウンセリングをしっかりと行うことや、自分でも処理後に保湿ケアをすることなどで防ぐことが出来ます。上手く対処しながら、トラブルなくきれいな肌を手に入れましょう。

  • SHARE

  • 関連脱毛コラム

    コラム一覧を見る