現在地周辺

TOP

メニュー

検索

脱毛後のかゆみの原因とは?脱毛後のケアも大事。

脱毛後のかゆみの原因とは?脱毛後のケアも大事。

ムダ毛のケアは今やエチケットとしてだけではなく、おしゃれの一部として多くの人が行っています。方法は様々で、自分で行う場合もあれば専門のサロンや医療機関に行って行う場合もあります。毛の処理をすることは多少なりとも肌にダメージを与えますので、ケアをした後に肌トラブルを感じることはよくあることです。トラブルの中で多いのが、肌がかゆくなってしまうというものです。その原因、症状が出ないようにするためにはどうすれば良いのかについてまとめています。快適にケアをするためにも、ぜひチェックしてみてください。

かゆくなってしまう原因とは

ムダ毛の処理をしたからといって、全ての人がかゆさを感じるというわけではありません。処理の方法や、その時の肌の状態、もともと持っているその人の体質などの様々な要素が合わさってかゆみが発生してしまいます。一番多く見られる原因が乾燥です。専門のサロンや医療機関で行う脱毛は、特殊な光を当てて熱エネルギーを発生させることで毛乳頭や毛母細胞にダメージを与えることによって、ムダ毛を除去していきます。短い時間ではありますが、かなり高い温度の熱が発生するものですので、それを肌に当てることによって肌にもダメージが加えられて肌の水分が蒸発してしまい、乾燥の原因となってしまうこともあります。肌が乾燥すると、とてもデリケートになってしまい少しの刺激でもかゆいと感じてしまうことがあります。また洋服や下着による摩擦もかゆくなってしまう原因の1つです。ケアをした後の肌はとても敏感になっていますので、普段では何も感じることが無いような洋服との摩擦や下着の締め付けなどによって不快に感じることがあります。さらに中にはケアをする際に当てる光によって、アレルギー反応が出てしてしまうことが原因となっている場合もあります。元々肌の弱い人や、アトピーの方、敏感肌や乾燥肌の方などに発生しやすいです。この他にも考えられる原因はいくつかありますが、いずれにせよケアをすることで肌にダメージが加わることが原因となっています。

かゆくなってしまった場合には?

肌にかゆみが出てしまうとどうしても掻いてしまう人が多いですが、絶対に掻いてはいけません。掻いてしまうと肌のバリア機能が低下してしまい、さらに乾燥する、また痒くなる、さらに掻いてしまう、という良くない循環が生まれてしまいます。ひどくなると炎症を起こしてしまったり、跡が残ってしまったりすることもあります。かゆいと感じたら、まずは濡れたタオルや保冷剤を巻いたタオルを使用して冷やしてみてください。肌が炎症を起こしてしまっている場合には、冷やすことによってその炎症が和らぐことがあります。そして乳液やクリームを使用して保湿をすることも効果的です。外側からクリームや乳液などを塗ることによって、保護してあげることが出来ますし、乾燥した肌に潤いを与えることが出来ます。使用するものに化学成分や添加物が入っていると逆に刺激を与えてしまうことになりますので、天然成分で出来ているものや低刺激のもの、敏感肌用のものなどを使用するようにしましょう。それでも症状が改善しない場合には、施術を受けたサロンや医療機関へ相談することをおすすめします。

脱毛後のケアも重要!

脱毛をすると、ある程度肌にダメージが加わってしまうのは仕方のないことなのかもしれません。しかし処理をした後のケア次第では、かゆみや炎症などのトラブルを避けることも可能です。まずはムダ毛の処理をした箇所の保湿を丁寧に行うということです。かゆみが出る前からクリームや乳液などを使用してしっかりと保湿を行うことによって、肌が乾燥するのを防ぐことが出来ます。また入浴をした際には身体をゴシゴシと強い力で洗わないようにしましょう。肌がとてもにデリケートになっている状態で強い力をこすってしまうと、多くのダメージが加わってしまいますし、肌のバリア機能までもが剥がれ落ちてしまうことになります。よく泡立てたボディーソープを使用して優しく洗うようにしましょう。そして身体が温まりすぎると余計にかゆみや炎症が出てしまうことがありますので、入浴や飲酒、激しい運動など血行が良くなってしまうようなことは避けることをおすすめします。
脱毛はキレイになるため、エチケットのため、そしておしゃれを楽しむためにもはや欠かすことの出来ないこととなっています。しかし処理の仕方や体質、環境などによってはかゆみや炎症などの肌トラブルが発生してしまうことがあります。かゆくなってしまう原因には様々なものが考えられますが、乾燥やそれに伴って肌がデリケートになってしまうことが一番多い原因です。脱毛をすると、肌には多少なりともダメージが加わってしまいますので仕方のない部分もありますが、保湿などのケアをしっかりと行うことである程度改善や予防をすることも出来ます。しかしケアを行って予防をすることや、自分で対処しても症状が改善しない場合には医療機関を受診して適切な薬を処方してもらうようにしましょう。

  • SHARE

  • 関連脱毛コラム

    コラム一覧を見る