現在地周辺

TOP

メニュー

検索

生理中の脱毛はどうする?生理中と前後の脱毛効果と影響は?

生理中の脱毛はどうする?生理中と前後の脱毛効果と影響は?

脱毛を始めようと考えている女性が気になることの一つが、生理中の施術についてでしょう。生理中や生理前後でも脱毛してもよいのか、脱毛部位によって違いがあるのかについてご説明します。不安や疑問を解決しましょう。
生理中は憂鬱な気分になったり、温泉やプールなどの予定をキャンセルしなければならなくなったり、いろいろと不便なのが女性としての悩みの一つではないでしょうか。特に、生理周期が毎回しっかりと決まっていない方の場合は、予定が立てづらく困ってしまいます。では、脱毛の場合は、生理中や生理前後の施術は可能なのでしょうか?脱毛サロン通いを検討している女性の方が、知っておくべきこと、気を付けるべきことなどについてまとめました。

生理中に脱毛はできるのか?

生理中は、VIOの脱毛は難しく、サロンのほとんどが対応、おすすめしていません。血液が脱毛器具やベッドなどに付着する恐れがあり、衛生的に問題があるためです。中には、タンポンをしてVIOを施術できるクリニックもありますが、決しておすすめはできません。対して、VIO以外の部位については、生理中であっても施術を行えるサロンもあります。サロンによって規約が異なりますので、事前カウンセリングなどで確認しておくとよいでしょう。

ただし、生理中でも施術OKのサロンであっても注意が必要です。生理中はホルモンバランスが乱れて、心身共によりよい状態ではありません。ニキビや乾燥などの肌トラブルが出てくる方もいらっしゃるでしょう。肌が敏感になっていて、負担を感じやすい時期なので、そういう点ではあまりおすすめできません。気持ち的にも、ストレスを感じやすかったり、様々な刺激を受けやすい時期です。生理中の体調については個人差があります。

普段から、生理中であっても特に体調に変化がなく、調子がいいという方であれば、VIO以外は施術をしても大丈夫です。しかし、サロン側も積極的におすすめできる時期ではないので、心配な方は生理予定日と脱毛サロンの予約日が重ならないように調整することをおすすめします。生理周期がしっかり決まっていない方、予定と違う日に生理が来てしまったなどで、予約していた日に行くことが難しい場合もあるでしょう。そんな場合はできるだけ早くサロンに連絡して、予定のキャンセル、変更を行いましょう。キャンセル変更ができる期限がサロンごとに決められているので、その時間に間に合えばキャンセルして予定変更することが可能です。当日キャンセルの場合は、脱毛を回数契約している場合1回分消化されてしまう場合もあります。だからと言って、無理に脱毛に行くのではなく、自分の体調のことも考えて予定を調整しましょう。

生理前、生理後の脱毛は?

生理前は、生理中と同様にホルモンバランスが乱れてくる時期です。ニキビができたりして、肌の調子が悪いと感じて、もうすぐ生理かなと思う方もいらっしゃるでしょう。このように、肌に変化やトラブルが起きやすい時期なので、心配な方は脱毛はお休みしたほうがいいです。また、生理前は黄体期といって、心身が不安定になりやすい期間です。PMS(月経前症候群)など、肌だけでなく心身共に負担を感じやすい期間なので、脱毛はおすすめできません。

生理が終わりかける頃になると、ホルモンバランスも整ってくるのでVIO以外の施術を受けてもリスクは低くなります。生理の終わりかけであっても、生理中には変わりありません。肌の調子が心配な方は、避けるのが無難です。生理が完全に終われば、卵胞期といって女性ホルモンが活発な安定期になります。この時期を狙って、脱毛サロンの予約がとれればベストです。女性ホルモンのエストロゲンが増えるので、自律神経が安定しますし、肌の調子もよくなります。

生理中のデリケートゾーン以外の脱毛は?

デリケートゾーンから離れた場所であれば、生理中でも施術が受けやすいです。具体的に言うと、ワキ、腕、足、背中、鼻下です。基本的には、生理中はデリケートゾーン以外であっても避けたほうがいいのですが、忙しい方はどうしてもスケジュールを変更したくなかったり、サロンの予約が取りづらいからキャンセルしたくないという場合もあるでしょう。普段から、生理中であっても体調が悪くなったり、肌トラブルを感じたりすることが少ない方なら、普段通りに施術をすることが可能です。

ただし、施術後に赤みが出やすかったり、施術中の痛みが普段より大きく感じたりするというデメリットもあります。痛みが強いため、脱毛の出力レベルを下げることになれば、効果も下がってしまいます。このような理由から、デリケートゾーン以外は施術可能ですが、おすすめはされていません。また、デリケートゾーンの施術が難しいのと同様に、デリケートゾーンに近い部分の施術もお休みしたほうがいいでしょう。例えば、紙パンツに履き替えて施術を受けなければならない、ももの部分などは避けたほうがよいです。血液が紙パンツから漏れてくる可能性があるので、衛生的にNGです。そのため、全身脱毛で普段は紙パンツに履き替える場合も、生理中は自分のパンツでそのまま施術することになります。

脱毛時のジェルなどがつく場合もあるので、念のために替えのパンツも持って行くと安心です。生理中は鎮痛剤を飲んでいる方の場合、脱毛ができません。薬を飲んでから脱毛を受けると、様々な肌トラブルが生じる可能性もあります。薬を飲むほど体調が悪い状態であるということなので、キャンセルしてお休みするほうがよいです。特に、肌の負担やトラブルが不安な方におすすめの脱毛としては、ハイパースキン脱毛というものがあります。こちらは生理中はもちろん、普段から敏感肌でお悩みの方でも安心してできる脱毛方法です。痛みに関しても、全く痛くないと言われています。肌への負担が気になる方は、脱毛方法に関してもチェックして選ぶことをおすすめします。

脱毛のプロにご雑談を!

脱毛サロンのスタッフは女性がほとんどなので、脱毛のことはもちろん女性の悩みについて詳しいので安心できます。不安がある場合は、まずは初回のカウンセリングでしっかりと相談しておきましょう。不安や疑問を取り除いてから、契約するのが安心です。サロンに通い始めてからも、何か気になることがあったら、サロンに行った際にでも、電話などでも、気軽に相談できます。何か不安を抱えたままだと、それがストレスとなってしまい、知らず知らずのうちに肌にも影響を与えてしまいます。

質問があれば、脱毛のプロに何でも話してみましょう。生理中のことなんて聞くのは恥ずかしい、と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。スタッフは同じ女性同士ですし、女性の美容をサポートしてくれる立場の方なので、気にせずに話してみましょう。生理不順で当日キャンセルになるのが不安という方は、これを機会にホルモンバランスを整えるために生活を安定させることが大切です。健康面での改善も考えて婦人科に相談するのもよいでしょう。

まとめ

女性の悩みの1つである生理ですが、生理中はやはり脱毛はおすすめできません。VIOの脱毛はNG、VIO以外であれば、体調がよければ脱毛をすることが可能なサロンが多いです。しかし、生理中はホルモンバランスが乱れていて、肌トラブルや心身のストレスなどが生じやすい時期なので、避けるのが安心ですね。サロンごとに対応方法が異なりますので、事前に相談してきましょう。

  • SHARE

  • 関連脱毛コラム

    コラム一覧を見る