現在地周辺

TOP

メニュー

検索

脱毛中はなんで日焼けNGなの?

脱毛中はなんで日焼けNGなの?

脱毛をする際に注意点や、禁止事項というものがあります。その中でも肌を守るために重要なのが、日焼けは禁止ということです。ではなぜ脱毛をしている際に日焼けをしてはいけないのか、肌にどのような影響があるのかについてお教えしていきます。肌に余計なダメージを加えてしまったり、肌トラブルを起こしたりしてしまわないためにもきちんと知っておいてください。

日焼けをした肌には脱毛はできない!?

まずサロンに通って脱毛を行う際に、日焼けをした状態では脱毛処理を行うことは難しくなります。施術前のカウンセリングの段階で、日焼けをしていると施術が出来ないと言われてしまいます。これは日に焼けている肌というのは紫外線によって強いダメージをうけてしまっているということが原因です。紫外線によるダメージを受けた肌というのは、やけどをした際と同じように赤みをおびて腫れあがって、熱を持っている状態です。その状態で光やレーザーを使用して処理をすると、余計に肌にダメージを与えてしまいひどい炎症を起こしてしまうことがあるのです。また日に焼けて肌が黒くなってしまっている状態では、光が毛穴ではなく肌に反応してしまいきちんとした効果を得ることが出来なくなってしまいます。さらには、強い痛みが出てしまうこともあります。日に焼けてしまっている状態では施術を受けることは出来ませんので、2~3か月間の期間をおいて再度通うことになります。

脱毛後の日焼けもNG

また脱毛をした後にも、日焼けには注意しなければいけません。サロンで行うにせよ自分で行うにせよ、処理をした後の肌というのはとてもデリケートな状態になっています。普段の状態であれば多少紫外線に当たっても何も問題がない人でも、脱毛をした後の肌は刺激にとても弱くなっていますので通常では起こらないようなトラブルが起きてしまうことがあります。たとえ炎症などのトラブルが起きなかったとしても、シミが出来やすくなってしまったり色素沈着をしてしまう原因となってしまったりすることもあります。施術をした後にはきちんとした紫外線ケアをして出来るだけ日に当たらないようにすることが必要になりますが、それでも海やプールに行く予定があるなどやむを得ない場合であっても最低でも1週間程度は時間を空けるようにしましょう。

必要な紫外線対策とは

脱毛をする前や最中、処理後などには日に焼けないように注意する必要があります。ではどのような紫外線対策をしていけば良いのでしょうか?まず重要なのは必要以上に肌を露出しないということです。夏場であっても外に出る際には薄手の羽織物を使用したり、ストールやスカーフなどを上手く利用して肌を守るようにします。また基本的に洋服で覆われていない部分に関しては、全ての場所に日焼け止めを塗るようにしましょう。強い日差しの下に長時間いるわけでなくても、日常的な生活で浴びる紫外線であっても影響が出てしまうことがあります。そうならないためにもサンケア製品を使用して対策をしておくことは、とても効果的です。その他にも外出する際には日焼け止めや帽子、手袋を使用するなどきちんと紫外線対策を意識して生活していくことが非常に重要です。

脱毛をする際には、その方法によって度合いは違いますがある程度肌にダメージがかかってしまいます。そのためまず施術をする前の時点で日に焼けてしまっている場合には、肌を守るためにもきちんとした効果を得るためにも施術を受けることは出来ません。また施術後にも日に焼けないように注意することが必要です。きちんとケアをしないと、肌トラブルの原因となってしまうこともあります。脱毛をすることは肌へにダメージを与えるものであるということをしっかりと認識して、紫外線ケアを徹底して行うようにしましょう。

  • SHARE

  • 関連脱毛コラム

    コラム一覧を見る