現在地周辺

TOP

メニュー

検索

脱毛前に注意点を知っておこう!

脱毛前に注意点を知っておこう!

脱毛をする上で、気をつけてほしい注意点がいくつかあります。もちろん脱毛サロンに通う際の初回カウンセリングで説明を受けるはずですが、忘れてしまったという声もチラホラ。注意をしないとせっかく脱毛サロンに行っても施術を受けられなかったり、お肌のトラブルにつながったり、本来の効果が得られなかったりする危険があります。これから脱毛に通う方だけでなく、もうすでに通っているという方も復習として注意点をおさらいしてみてください。

日焼けした肌は脱毛NG

脱毛で使用される機械の光は黒いものに反応します。そのため黒い毛に反応し毛を減らす仕組みなのですが、日焼けして黒くなった肌にも反応してしまい、肌に大きなダメージを与えてしまいます。肌全体に反応してしまうと熱さや痛みを感じやすくなってしまいます。日焼けした肌はやけどをしている状態と同じでデリケートですので、その状態の肌にさらに照射すると赤みが出る、腫れる、シミになるなどのリスクがあります。そのため日焼けした肌は基本的に施術を受けることができません。夏だけでなく春や秋も紫外線は降り注いでいますので、脱毛をしている間は日焼け止めや日傘などを使用し日焼けをしないようにしましょう。

自己処理をしてから行く

前述した通り、脱毛サロンでは黒いものに反応する光を照射します。万が一、毛が伸びた状態だと毛全体に光が反応してしまい、本来アプローチしたい毛根に光が上手に当てられなくなってしまい脱毛の効果が得られなくなってしまいます。また反応する面積が大きいので熱さや痛みを感じやすくなってしまいます。初回の来店では毛の量や濃さをチェックするため自己処理をせずに来店するという脱毛サロンもありますが、施術をする日はあらかじめ自己処理をしてから行きましょう。毛抜きで毛根から抜いてしまうと照射しても意味がないので、自己処理はカミソリか電気シェーバーにしましょう。電気シェーバーは肌を傷めるリスクが少ないのでおすすめです。背中やOラインなど自己処理が難しい部位は剃毛してくれることもありますので、脱毛サロンに確認しましょう。

脱毛後のケアも大切

脱毛をしてきれいなお肌を目指すには、脱毛した後のケアも知っておいてほしい注意点の一つです。脱毛した直後のお肌は軽い日焼けをしたような状態になっており、場合によっては赤みやかゆみが出たり、熱を持って火照っていることがあります。施術後に脱毛サロンでジェルや冷えたタオルを使用し冷却をする場合もありますが、帰宅してもお肌がまだ赤かったり熱く感じている場合は冷やしましょう。タオルを濡らしてお肌に当てたり、保冷剤をハンカチやタオルでくるんで当てて冷やします。保冷剤を直接お肌に当ててしまうと冷たすぎて凍傷になってしまう恐れがありますので、必ずなにかでくるんでから冷やしてください。また、脱毛後のお肌は乾燥しやすい状態になっていますので、ボディクリームやジェルなどで保湿をしましょう。どれを使えばいいかわからないという方は脱毛サロンのスタッフに質問すればおすすめの商品を教えてもらえるでしょう。脱毛サロンで販売しているものもあるので、そちらを買うのもおすすめです。

まとめ

せっかく脱毛をするのですから、本来の効果を充分に発揮するためにも様々な注意点をよく覚えておくことが大切です。ご紹介した「日焼けをしない」、「自己処理をしてから脱毛サロンに行く」、「脱毛後のケアをしっかりする」以外にも注意点はあり、脱毛サロンのカウンセリングで説明してもらえるはずです。しっかりと守りきれいなお肌を目指しましょう。

  • SHARE

  • 関連脱毛コラム

    コラム一覧を見る