現在地周辺

TOP

メニュー

検索

ガムテープでの脱毛をおすすめしない理由

ガムテープでの脱毛をおすすめしない理由

足や腕など広い範囲のムダ毛を処理する際、かみそりや毛抜きを使用して細かく脱毛していくのはとても大変です。出来るだけ効率よく一気に処理してしまいたいと思い、ガムテープを使用することを考える人もいます。しかし様々な点からこの方法はおすすめできません。なぜおすすめできないのか、もし行った場合にはどのようなデメリットやリスクがあるのかについてお教えいたします。やってしまってから後悔しないように、しっかりと知っておいてください。

肌へのダメージが多い

ガムテープを使用して脱毛することをおすすめ出来ない一番の理由は、肌へのダメージが非常に大きいということです。ガムテープの粘着力というのは非常に強いものです。それを肌に貼って一気に剥がすことで肌の表面にある角質も一緒に剥がれてしまいます。結果、肌が荒れてしまったり、炎症を起こしてしまうことがあります。またそもそもが梱包をするためのもので、肌に貼るために出来ているものではありませんので肌への刺激もとても強いです。貼るだけでも貼った場所が赤くなってしまう人もいます。さらに一度貼って剥がしただけで、全てのムダ毛を抜きとることは出来ません。全てを抜こうと同じ場所にテープを張って剥がす行為を何度も繰り返すことになりますので、肌へのダメージが繰り返されてしまいます。

毛穴が広がってしまう

ガムテープを使用して脱毛すると、毛穴が広がってしまいます。テープを張った箇所に生えているムダ毛を無理やり引き抜くことによって、毛根に強い力が加わりますので毛穴が広がってしまうのです。毛穴が大きくなってしまうと、次にその毛穴から生えてくる毛が太くなったり複数の毛が生えてきたりすることがあります。結果的にムダ毛が濃くなってしまうことになりますので、脱毛したことが無駄になってしまいます。また毛穴が広がることによって色素沈着が起こることや黒ずんでしまうこともあります。毛が無くなったとしても、ポツポツと黒い毛穴がある状態になってしまうと見た目が良くなくなってしまいます。さらに広がった毛穴には雑菌が入りやすくなりますので、炎症を起こしてしまう危険性があります。

かなりの痛みがある

脱毛する際にガムテープを使用すると、確かに毛抜きなどで1本1本処理をしていくよりは短時間で効率的にムダ毛を処理することが出来ます。しかし毛抜きやかみそり、電気シェーバーなどで脱毛するよりもはるかに強い痛みがあります。本来荷物を梱包するためのものであってしっかりと接着しなければいけないものですので、ガムテープの粘着力というのは非常に強く作られています。そんな強い粘着力を持ったテープを肌に貼って一気に剥がすので、かなり強い痛みがあるのは当然です。サロンなどで脱毛をする際には、痛みが心配であれば麻酔を使用することも出来ますが自宅で行うとなるとそういったものも当然ですが利用は出来ません。いくらきれいになるためとは言っても、痛みを我慢しながら何度もテープを剥がして脱毛するのはとても辛いです。

出来るだけ費用をかけずにそして手軽に自分でムダ毛の処理をしたいという人は、ガムテープを使用して脱毛したいと思うかもしれません。たしかにカミソリなどで処理をするよりも広い範囲のムダ毛を一気に処理することが出来るかもしれません。しかしガムテープを使用すると肌にとても大きなダメージを与えてしまったり、毛穴が広がってしまうというデメリットがあります。それに付随して炎症を起こすことや色素沈着を起こしてしまう危険性がありますし、余計にムダ毛が濃くなってしまうこともあります。強い痛ももありますし、リスクも非常に多い方法ですのでガムテープを使用することは避けることをおすすめします。

  • SHARE

  • 関連脱毛コラム

    コラム一覧を見る