現在地周辺

TOP

メニュー

検索

一目で分かる全身脱毛の料金比較!安くて人気の脱毛サロンは?

一目で分かる全身脱毛の料金比較!安くて人気の脱毛サロンは?

今年こそ全身脱毛でツルツル肌を手に入れたい!と思っていても、ネックとなるのが高額になりがちな料金ですよね。しかも、同じ全身脱毛なのに脱毛サロンによって対象の部位が違ううえ、料金体系も複雑で見極めにくいのが難点。そこで今回は、全身脱毛が安く受けられるサロンはどこなのか、料金について徹底的に比較してみました。

全身脱毛の料金を比較するポイント5つ

全身脱毛が安いサロンを見つけるには、5つのポイントがあるのをご存知でしょうか?

ここからは、ポイントごとに詳しく見ていきましょう。

ゴール別!必要な「回数」と「期間」の目安!

「自己処理が楽になる程度で満足!」という方もいれば、「限りなく100%の状態まで目指したい!」という方もいるでしょう。

ここで問題となるのが、目指しているゴールによって違ってくる「回数」と「期間」!まずは、自分が求めている結果がどの程度なのかを決めなければ、正確な料金比較はできません。

脱毛サロンで使用しているマシンの種類によって必要回数は違ってきますが、一般的な平均値は下記の通りです。

▼効果別の「回数」と「期間」の目安

効果の程度 回数 期間
薄くなる 6~8回 約6カ月
自己処理が楽になる 8~10回 1~2年ほど
うぶ毛までツルツル 12~18回 2~3年ほど

上記の一覧表を見ていただくと分かる通り、必要な回数が多いほど比例するように料金も高くなり、完了までの期間も長くなります。

部位の組み合わせパターンをチェック!

脱毛サロンの中には、全身脱毛の対象部位から「顔」と「VIO」を除外し、追加料金が発生するオプションとして扱っているケースも少なくありません。

「顔」または「VIO」を希望する場合は、下記の4パターンの内どれに当てはまるのか確認しておきましょう。

▼部位の組み合わせパターン4種類

  • 「顔」と「VIO」の両方が含まれている
  • 「VIO」は含まれているが、「顔」だけオプション扱い
  • 「顔」は含まれているが、「VIO」だけオプション扱い
  • 「顔」と「VIO」の両方がオプション扱い

全身脱毛に含まれている「顔の部位」をチェック!

ほとんどの脱毛サロンでは「全身脱毛コース」を設けていますが、だからと言って全ての部位が対象という訳ではありません。

特に厄介なのが「顔」の部位!そもそも、たとえ顔の脱毛は可能でも全身脱毛に含まれているとは限りませんし、さらに細かなパーツを比較してみるとかなりの差があるんです。

▼全身脱毛に含まれる「顔の部位」

順位 サロン名 眉間 鼻下 鼻毛 あご もみあげ こめかみ
1 LACOCO ×
2 脱毛LABO ×
3 KIREIMO × × ×
3 SASALA × × ×
3 STLASSH × × ×
4 恋肌 × × ×
5 銀座カラー × × × ×
6 シースリー × × × ×
7 ミュゼ × × × × × × × × ×

※2020年4月現在

※△の注意事項

脱毛LABO:鼻は小鼻限定、鼻毛のみワックス処理

恋肌:もみあげは頬上に該当する範囲

シースリー:あごは口下に相当

眉間を脱毛したい場合は「LACOCO」か「銀座カラー」のどちらかを、こめかみを脱毛したい場合は「LACOCO」「脱毛LABO」「STLASSH」のいずれかを、というようにかなり選択肢が狭まります。

全身脱毛に含まれる「VIOの部位」をチェック!

同じく「VIOの部位」についても、全身脱毛に含まれているのか事前に確認しておいた方が安全です。

▼全身脱毛に含まれる「VIOの部位」

サロン名 Vライン Iライン Oライン
KIREIMO
ミュゼ
STLASSH
脱毛LABO
銀座カラー
LACOCO
SASALA
恋肌
シースリー

※シースリーの全身脱毛の内、Vラインが含まれているのは通い放題プランのみ

上記の一覧表で分かる通り、比較的メジャーな脱毛サロンであればVIOの全部位が全身脱毛に含まれています。

一方、店舗数が少ない小規模な脱毛サロンではIラインとOラインを除くVラインだけが対象になっているケースも少なくありません。

全身脱毛に最適な「料金プラン」選び!

全身脱毛の料金プランを大きく分類すると、下記の3種類に分けられます。

▼全身脱毛の料金プラン

  • 月額プラン
  • 回数プラン
  • 通い放題プラン

ここからは、3種類の料金プランについて個別に見ていきましょう。

月額プランのメリットとデメリット

月額プランには下記の2種類があり、ローンの手数料が発生する分割払い型よりも月謝払い型の方が多くの女性に支持されているようです。

▼月額プランの種類

  • 分割払い型:通い放題や回数パックをローン契約し、支払いを分割して毎月払う
  • 月謝払い型:ローンを組まず、利用した分だけ月謝のように毎月支払う

分割払い型としては「キレイモ」や「銀座カラー」が、月謝払い型としては「ストラッシュ」や「脱毛LABO」などが当てはまります。

▼月謝払い型のメリット

  • 長期的な支払い計画を立てる必要がない
  • 引越しや他サロンへの乗り換えなど、好きな時にいつでも退会できる
  • ローンという借金を背負わなくて済むので、楽な気分で続けられる

▼月謝払い型のデメリット

  • 回数プランと比べると、1回あたりの料金が割高
  • 通わない月も料金が発生する
  • 1回の来店で全身を脱毛できないサロンもある
  • 必要回数が増えると回数プランよりも割高になる

回数プランのメリットとデメリット

あらかじめ自分が希望している結果を得るまでに必要な回数を想定し、12回や18回など複数の回数分をまとめて契約するのが、回数プランの特徴です。

▼メリット

  • 仕組みがシンプルで分かりやすい
  • 月謝払い型の月額プランに比べて、1回あたりの料金が割安になるケースが多い

▼デメリット

  • 総額の高いプランが多い
  • 途中で解約しづらい
  • 途中解約の返金時に手数料が発生する
  • 結果に満足できないと追加料金が発生する

通い放題プランのメリットとデメリット

結論から言うと、18回以上は通う予定で引越しの可能性がほとんどない!という方なら、月額プランや回数プランより「通い放題プラン」の方がおすすめです。

▼メリット

  • 追加料金なしで、満足できるまで何回でも通える
  • 結果が出にくくても焦る必要がない
  • たくさん通うほど1回あたりの料金が割安になる
  • 平均して18回以上通える場合、回数プランより割安になる
  • 期限内もしくは休会すると、出産後にムダ毛が増えても再開できる
  • 自己処理がほぼ不要になるほどムダ毛が無くなる

▼デメリット

  • 契約したサロンの倒産リスク
  • 引越し先に契約したサロンがあるとは限らない
  • 18回未満で満足した場合は割高になる
  • 回数プランに比べると、途中解約による返金額が割高

ただし、「通い放題」「脱毛し放題」と謳っている場合でも、実際には数年間の期限を設けているサロンも少なくありません。

通い放題プランを選ぶ時は、あらかじめ「期間制限」と「保証されている回数」の2点を確認しておきましょう。

「月額プラン」が安い脱毛サロンは?

あらかじめ回数を決めずに脱毛した分だけ支払う「月謝払い型の月額プラン」を導入している脱毛サロンは、「STLASSH」「脱毛LABO」「SASALA」の3件のみ。

他の脱毛サロンはたとえ月額プランとPRしていても、実質ローン契約した通い放題または回数プランの料金を毎月支払う「分割払い型」になっています。

▼月額プランの料金比較(顔・VIO込み)

サロン名 月額料金 タイプ プラン名 総額
脱毛LABO 1,990円(税別) 月謝払い型
STLASSH 7,980円(税別) 月謝払い型
SASALA 8,800円(税別) 月謝払い型
恋肌 1,409円(税別)~ 分割払い型 3回パック 58,900円(税別)
銀座カラー 3,000円(税別)~ 分割払い型 8カ月卒業プラン 108,000円(税別)
LACOCO 3,000円(税別) 分割払い型 顔とVIO込みの6回プラン
シースリー 5,800円(税込)~ 分割払い型 回数無制限・脱毛し放題プラン 290,000円(税込)~
KIREIMO 6,900円(税別)~ 分割払い型 全身脱毛ホーダイ 237,800円(税込)~
ミュゼ なし

「回数プラン」が安い脱毛サロンは?

リサーチの結果、回数プランで最も優秀だったのは「STLASSH」!6回プランでは銀座カラーに及ばないものの、完璧に違い状態を目指している場合は12回・18回ともに1位のSTLASSHがおすすめです。

しかも、うっかり残ってしまった場合に都度払いができる1回料金が設定されているのも、見逃せないポイントでしょう。

▼回数プランの料金比較(顔・VIO込み)

サロン名 1回 6回 12回 18回
銀座カラー 93,000円(税別)
STLASSH 15,960円(税別) 95,760円(税別) 181,800円(税別) 262,440円(税別)
恋肌 99,800円(税別) 189,600円(税別) 269,500円(税別)
LACOCO 100,000円(税別) 200,000円(税別) 300,000円(税別)
SASALA 105,600円(税別) 211,200円(税別) 316,800円(税別)
KIREIMO 114,000円(税別) 212,040円(税別) 290,700円(税別)
脱毛LABO 128,140円(税別) 238,140円(税別) 366,280円(税別)
ミュゼ(デイプラン) 26,800円(税別) 160,800円(税別) 321,600円(税別) 482,400円(税別)
シースリー 設定なし 188,000円(税込) 250,000円(税込)
ミュゼ(レギュラー) 32,150円(税別) 192,900円(税別) 385,800円(税別) 578,700円(税別)

※脱毛LABO:18回プランが無いので6回+12回の総額

▼結果

1位 STLASSH 銀座カラー STLASSH STLASSH

▼ミュゼプラチナムの特徴

同じ回数プランでも、他社との違いが大きいのがミュゼプラチナムです。

ミュゼにはアプリをダウンロードすると大幅に安くなる割引が用意されており、デイプランの単価26,800円またはレギュラープランの単価32,150円×回数で自由に設定できるのが強み。

STLASSHと同様に、「あと1回通えたら完璧なのに…」という時でも必要最低限の追加料金で対処できます。

▼シースリーの特徴

上記の比較表は全てのVIOラインを含んだ料金ですが、残念ながらシースリーだけはIOラインのみとなっています。

シースリーの場合、全身脱毛にVラインが含まれているのは通い放題プランのみ!回数制の対象となっているA~DプランにVラインは含まれていませんので注意が必要です。

上記では、顔+IOラインを含む全身脱毛コースの内1回の来店で全身1回分が完了するプランAを記載しております。

「通い放題プラン」が安い脱毛サロンは?

今回比較している脱毛サロン9件の内、「通い放題プラン」を設けていたのは7件。

残念ながら、LACOCOと恋肌は月額プランと回数プランのみとなっています。

▼通い放題プランの料金比較(顔・VIO込み)

サロン名 料金 有効期限 回数制限/保証回数
KIREIMO 324,074円(税別) 無制限 無制限
ミュゼ 490,800円(税別) 5年 期限を超えても24回までOK
シースリー 382,400円(税別) 無制限(永久保証) 無制限
銀座カラー 389,000円(税別) 2年(更新すれば永久保証) 無制限
STLASSH 369,800円(税別) 5年(最長2年延長可) 無制限
脱毛LABO 369,980円(税別) 無制限 無制限
SASALA 316,800円(税別) 3年 無制限

ミュゼプラチナム以外は回数制限を設けていませんので、比較ポイントは有効期限の一択。

中でも特に際立っているのが「シースリー」!確かに他にも有効期限が無制限になっている脱毛サロンはたくさんありますが、あえて「永久保証」と言い切っているのはシースリーだけなんです。

とはいえ、一般的に自己処理の必要がほとんどなくなり、うぶ毛までツルツルの状態になるまでの必要回数は18回ほど、期間で言うと約3年と言われています。

この点を考慮すると、3年以上の有効期限が設けられているサロンであれば、かなり理想に近づけるのではないでしょうか。

全身脱毛の料金が一目で分かる早見表!

ここまでのリサーチ結果を一目で分かる早見表にまとめてみました。

サロン名 月額プラン 6回プラン 通い放題 対象部位 通うペース 完了まで
銀座カラー 3,000円(税別)~ 93,000円(税別) 389,000円(税別) 顔/VIOを含む24部位 1~2カ月に1回 8カ月~
STLASSH 7,980円(税別) 95,760円(税別) 369,800円(税別) 顔/VIOを含む61部位 2週間~1カ月に1回 最短1年
恋肌 1,409円(税別)~ 99,800円(税別) 顔/VIOを含む62部位 2週間~1カ月に1回 最短3カ月
LACOCO 3,000円(税別) 100,000円(税別) 顔/VIOを含む51部位 1カ月に1回 最短6カ月
SASALA 8,800円(税別) 105,600円(税別) 316,800円(税別) 顔/VIOを含む38部位 2週間~2カ月に1回 最短6カ月
KIREIMO 6,900円(税別)~ 114,000円(税別) 324,074円(税別) 顔/VIOを含む33部位 2カ月に1回 約3年
脱毛LABO 1,990円(税別) 128,140円(税別) 369,980円(税別) 顔/VIOを含む56部位 2週間~1カ月に1回 半年~1年
シースリー 5,800円(税込)~ 160,800円(税別) 382,400円(税別) 顔/VIOを含む53部位 3カ月に1回 約3年
ミュゼ 188,000円(税込) 490,800円(税別) VIOを含む22部位 1~3カ月に1回 1年半〜2年

まとめ

脱毛の料金は、必要な施術回数が多ければ多いほど高くなる!という点を踏まえたうえで、まずは目標となる完成度を決めてから料金を比較してみましょう。

  • 薄くなる程度:「月謝タイプの月額プラン」または「回数プラン」
  • 自己処理が楽になる程度:12回ほどの「回数プラン」
  • うぶ毛までツルツル:18回以上の施術が受けられる「通い放題プラン」

自分の目標にコミットした料金プランをみつけることが、後悔しない脱毛の秘訣です。

  • SHARE

  • 関連脱毛コラム

    コラム一覧を見る